男性とシトルリン

男性とシトルリン

シトルリンの作用として、
体内で一酸化窒素を作り出しというものがあります。
一酸化窒素は血管を拡張させて、血流の量を増加させるので、血行が良くなります。

大体の身体の不調といわれている症状は血行不良によって起きるため、
血行が良くなれば、大部分の体調不調を改善できるわけですね。
つまりシトルリンは「疲労回復成分」なのです。


しかし男性にとって重要な部分は、
シトルリンそのものに、男性の性機能アップの性能があるため、ということでしょう。

そこで、男性にとってシトルリンというと、
男性の性機能の上昇、男性器増大と考えている人が多いようですが、
最近はシトルリンも多様化の傾向にあります。

例えば、この「シトルリン」の純度を多く含む製品も、販売されていますし、
また「塗布タイプ」も登場しているようです。

では最初に、最近の男性に多く見られる「勃起不全」と、
シトルリンによる勃起不全解消のメカニズムを説明します。

それは次のようなものです。

勃起不全とは結局、陰茎の海綿体に血液が流れなくなっている、
というのが原因のものです。
健康・医療 - エキサイト スマートフォン対応サイト カテゴリ

そこで、シトルリンは原理的には血管を広げ、さらに体内の血行を改善しますので、
海綿体にも血液が流れ込むために、容易に勃起するようになります。

つまり、シトルリンは結果として男性器の増大サプリメントということになるのです。

では「シトルリン」の純度を多く含む製品というのは、どういうものかというと、
このシトルリンの成分を、他の要素を混入することにより、
男性器増大を始めとした性機能改善をさらにパワーアップした、
サプリメントのようですね。

最近は直接陰茎に塗布する「ゼリータイプ」も発売されているようですが、
このような塗布タイプの特徴としては、
効果顕現までの時間が非常に速い(即効性)ようです。


サプリメントとしては、効果がかなり顕著に感じられやすい製品と言えるでしょう。
勃起不全は血管の「動脈硬化」等の血行不良によっておこるものです。
そして、それは元はと言えば、偏食とか運動不足などが原因の、
いわば生活習慣病の一種です。

こういった根本原因を解決しない限りは、対症療法に過ぎないと思います。
その意味ではシトルリンは血行不良そのものを改善しますので、
効果顕現までの時間も比較的早いし、また効果も大きいのでしょう。
一般用医薬品販売に関する制度について